読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

22歳ジャニヲタが好きなことを叫びます

私の就活記録④

こんにちは 、やっと4月編です。

4月は10Ks!の遠征やら観覧やら野球大会やら滝沢歌舞伎やら現場に通いまくった月でした。

そんな就活を振り返ります。

 

4月

1日

日付が変わって瞬間に公式からたぐちくんの名前がなくなり、無理にでも現実を見なくてはならなくなりました。

この時期を機に、田口担のお友達となんとなく距離ができてしまった気がします。

寂しいけどこちらから引き止めるようなことは言えないし同情もできない。悲しいのは私も同じですが、ずっとずーーーっとたぐちくんを応援してきた方の悲しみは測りきれないと思ってます。今でも

1年弱経ちましたが、私はまだ複雑な気持ちがあります。もちろん活動することでたぐちくんが大好きな方が幸せなのもわかります。私がその立場ならそうだよなぁって。難しい問題です。

 

2日

もやもやした気持ちの中でもKAT-TUNは前に進んでいて、翌日からは待望の10周年ツアー。ということでグッズのプレ販でした。バイトの休憩中に検索したグッズはどれも可愛くて。大好きなモノクロなのに可愛いグッズ。俄然楽しみになりました。

夜は一緒に遠征するお友達のおうちに泊めてもらって、一緒にうちわを作ったりしてました。気持ちの整理はついてませんでしたが、それはお友達も同じで。話すことで少しずつ落ち着いてきました。

 

3日

始発の新幹線で名古屋に向かいました。ドームには7時半到着、グッズを並びながらシューイチを見てました。菅さんの回のパティ丸くんでした(笑)11時ごろ買い終わりドーム前のイオンの矢場とんに並びました(笑)勇者か

鉄板とんかつほんっっとおいしくてお友達とぺろっと完食しました。が、名古屋のごはんはやっぱり少しヘビーでした。開場前にお酒飲んだ以降は何も食べないまま1日を過ごしました。以前の名古屋遠征で3食名古屋飯を食べたら胃もたれすごかった思い出プレイバック

ライブでは海賊船が見えた瞬間に勝訴!と思いました。とにかくセトリが泣かせるせいで終始お友達と大号泣。久しぶりに声を出して泣きました。お互いに背中をさすりあって(笑)この普通ではなかった10年を振り返りました。なのに泣かせたまま帰さないんですよね、KAT-TUNの人たち。いろいろと考えるところはありましたが、最後はKAT-TUN最高!大好き!って気持ちにさせてくれる私の大好きなKAT-TUNでした。9uarterの2日目の最後、たぐちくんの涙で様々な憶測が飛び交いショックでドームの外で泣き崩れましたが、そのときのような気持ちに二度とさせてくれないんですかね。あれはあれで周りの方の優しさに救われたので今となってはいい思い出です。

ライブ後、早足で名駅に向かいその日の新幹線で帰宅しました。最寄りまでの電車でおばさまKAT-TUN担の方に話しかけられ、銀テを譲る余裕っぷりでしたww

 

5日

やっと就活に戻ってきました。

この日は広告会社の説明会に参加しました。まさかの高校の同級生がいて焦りました。大学は同じ高校から一緒に進学した人が誰もいないので(割と特殊な勉強をしていたので)不思議な感じでした。

この説明会は選考も兼ねていたので、同級生とは話すこともなくディベートをして終わりました。こちらとしては話したかったなって思いましたが、相手側からしたら迷惑なのかもしれませんよね。就活って難しい。

結果的にディベートは合格し、次は翌月のグループディスカッションを受けることになりました。

 

12日

当時第一志望だった専門商社の説明会に参加しました。少人数の説明会で個人的にお話できる機会でしたので、とにかく存在をアピールしました。私は就活サイトを通さず前年度の採用実績を参考に2月ごろから企業に直接コンタクトを取ってました。その点では担当者の印象にかなり残っていたようです。これは内定をいただいた会社もご縁がなかった会社にも実践してました。面接でネタになるのでおすすめです。(中小なのにどうやってうちの会社知ったの?と聞かれる率高めです。そのときは以前の新卒採用実績を拝見していて気になり、今年度の採用枠があれば是非応募したいと考えておりました!と答えてました。手応えは良かったと思います)

そしてこの日、滝沢歌舞伎でのけんくんの怪我がありました。まだ3公演目、、心が痛かったです。無理するんだろうなとか考えたらなみだが止まりませんでした。

 

13日

5日の広告会社のディスカッションでした。ここでも高校の同級生と同じグループでとっっっってもやりづらかったです(笑)まあ落ちました(笑)

夜はドームに野球大会観に行きました〜!さかもとくんのおひげ!やだ!って大騒ぎしましたが練習終わって出てきたらおひげがなくなっててさすがでした。KAT-TUN集合あるよなって思ってましたが、本当に集合してリアフェをバックに出てきたときは足ががったがたに震えてました。BRAND NEW STAGEを歌ってましたが、盛り上がってるのはてんくすの名古屋に入ったKAT-TUN担くらいで大爆笑でした。お隣はかめなしくんの親子連番でしたが、名古屋公演に入っていないとおっしゃっておりぽかーーんでした。あれ、Going!見てればなんとなくわかる気が、、、(笑)

 

15日

滝沢歌舞伎でした。本当に本当に心配でやたら早く劇場に向かい1人でそわそわしてました。WITH LOVEのインストが響きふわ〜〜っと暗転したとき、何故か涙が溢れました。

公演はやっぱりなんとなくですがけんくんここ乗り番だったかなと思うところがあり、その度に心がちくっとするような感覚でした。そんなときにフォローしてくれる滝様とJr.にまた感動してました。でも浮世艶姿桜の2Sが見たかった、、今年こそ!

 

20日

10Ks!大阪でした〜京セラドームとの相性良すぎて幸せでした(^o^)バクステ最前でちぇんゆあのうえだくんが3輪車(ではない)で来て週榴弾をぶっ放すのを目の前で見て無事に死にました。きすきすとかRAYとか今回のバクステ勝ち組すぎて。なのに左右に分かれて銀テは1本も取れませんでした(笑)名古屋で取れて良かった〜〜

終わってからの串カツとレモンサワーは最高でした。本編ラストの挨拶で、充電期間って予想より大変かもと思いましたが、それでも楽しかった!って気持ちでおいしいお酒を飲み一泊しました。

 

29日、30日

10Ks!東京でした〜29日に会場に行く前、5社ほどESや課題、履歴書を提出してきました。週2で学校、基本的に土日はバイト、プラス就活とツアー遠征だったのでこの時期がいちばん時間に追われてた気がします。29日も30日も夕方にのんびり会場に向かいドームの外でじゃごりこをつまみにお酒を飲んでお友達とはしゃいでました。最高の気分転換からのライブ。都内のホテルを取っていたので、ライブ後みんなで飲んで騒いで、ホテルに帰ってさらに飲んで、みたいな飲んだくれ生活でした(笑)そんなにお酒は強くありません(笑)

 3公演目あたりからセトリにも馴染みが出て、演出やここの誰がツボ!というのが把握できてきたので自分なりに工夫して楽しめたと思います。

30日の夜、ホテルで飲んでたときにお友達がふと、明日で終わっちゃうんだねと言ったとき現実を見た気がしました(急に) ごく出の彼女からしても10年以上、大好きで大好きで仕方ない人たちが歩みを止めてしまうことにショックを受けていることと、実はごくせんのちょっと前から気になっていた(完全に家族のせい)私でさえも、その話題から気持ちを逸らしていたことに気付きました。何公演入っても、流れがわかっていても毎回毎回泣き崩れてしまっていた私でしたが、会場を出るとその気持ちが消えてしまうんですよね。今日もたくさん泣いたけど楽しかった!すっきりした!って気持ちになるのは不思議だなと思います。

ホテルでたくさんお話して思ったのは、KAT-TUNが大好きだから最終日も一瞬も見逃さないように大好きな姿を見届けようってことでした。こんなに決意をして眠った日は他にないと思います。

 

4月はひたすら現場記録になってしまいました、次はいよいよ5月です。